日本大学藤沢高等学校・藤沢中学校 > 進路 > 卒業生の声 > 平成20年度理系特進クラス卒業:松井 彰吾さん

平成20年度理系特進クラス卒業:松井 彰吾さん

松井 彰吾さん

日大藤沢での3年間が今の私の原点です。当時私は、理系特進クラスで軟式野球部に所属していました。ある日、部活動中の事故で競技復帰まで1年以上かかる大怪我を負ってしまい、部活動を諦めようかと悩む時期がありました。そうした肉体的・精神的にも辛いこの時期を支えてくれたのが野球部の仲間と先生方でした。ある先生の「諦めるのは簡単なこと。でも、ここで諦めたら一生後悔する。ここを乗り越えたら、これからの糧になる」という言葉に強く励まされ、今も私の力となってくれています。また、この時私を支えてくれた友人たちは今も私の良き理解者で大きな支えです。

この怪我をきっかけにスポーツ障害に興味を抱き、スポーツ医科学科へ進学してバイオメカニクスを学びました。大学卒業後はミズノ株式会社に入社し、シューズの開発業務に従事しています。私が開発に携わったシューズをアスリートの方や、学生たちが履いてくれているのを見る事が一番の喜びです。

日大藤沢への進学を考えている皆さん、日大藤沢は勉学、部活動と皆さんが全力で打ち込みたいことを支えてくれる先生方、環境、仲間が揃っており、全力でサポートしてくれます。高校生活で経験すること全てがこれからの人生の糧になるので、夢中になれるものを見つけ、後悔しない学生生活を送ってください。

コメントは受け付けていません。