海外語学研修

海外語学研修

オーストラリア語学研修はホストファミリーとの生活や現地校での授業参加を通じて、語学力の養成だけでなく文化交流もはかることができます。

語学研修

語学研修

研修地 オーストラリア
ブリズベン / シドニー市内研修
研修期間 7月下旬〜8月上旬(2週間)
対象学年 中学3年生、高校1・2年生
人数 約70名

事前学習

事前学習本校独自の研修制度で、英語の筆記試験、英語による面接、さらに本人の意欲をみ研修メンバーが選抜されます。そして出発までの間に数回のオリエンテーションを実施。渡航の準備やALTの先生による英会話の授業を受けることで、現地でもスムーズに行えるようにサポートします。また日本文化を紹介する交流パーティーの準備も行います。

滞在先での生活

滞在先での生活毎年7月下旬から8月上旬にかけて2週間の期間で実施されます。ホームステイをしながら学校に通い、現地の学校生活を送ります。午前中は外国人に英語を教える資格を持ったオーストラリア人教師による英語の授業を受け、午後は現地校の授業を現地校の生徒と一緒に受講。週末はホストファミリーと一緒に休日を過ごします。高校生は現地の大学での講義、見学も1日体験しています。また最終日は、専用ガイド同行によるシドニー市内研修も実施します。

帰国後

帰国後多くの生徒が現地での生活の中で、自分の思いを正確に伝えたり、相手の話を理解したいと思い、英語力を高める必要性を感じます。帰国後に一層力を入れて英語学習に取り組むようになる生徒がほとんどです。
多くの生徒が帰国後もホストファミリーや現地の友人と連絡を取り合っています。現地の出会いは貴重なものとなっているようです。

リバーマウント校のサイトへ

本校では、2年に一度留学生の受け入れを行っています。語学研修の研修先になっており、姉妹校でもあるオーストラリアのリバーマウント校の生徒が本校を訪れ、ホームステイをしながら約1週間を過ごすプログラムです。受け入れ時は本校教員が特別講座を設け、書道や日本語を教えたり、英会話の授業に参加するなどして交流を深めます。夏に語学研修に参加した生徒にとってはホームステイ先の生徒と再会できる良い機会でもあります。

イースタープログラム/サマープログラム

イースタープログラム/サマープログラム

研修地 イギリス
ケンブリッジ大学ペンブルックカレッジ
研修期間 3月下旬〜4月上旬
7月下旬〜8月中旬
参加対象 日本大学付属高等学校(全25校)
より各校2,3名

事前学習

事前学習日本大学の付属高等学校の中から各2,3名が参加できる語学研修です。それまでの英語を中心とした学業成績、面接(英語による応答も含む)、さらに本人の意欲を加味した試験で、研修メンバーが選抜されます。出発前に他校の参加生徒と共に、オリエンテーションに参加します。

滞在先での生活

滞在先での生活毎年3月下旬から4月上旬のイースターのシーズンにあわせた17日間と、7月下旬から8月中旬にわたる17日間に実施されます。現地ではケンブリッジ大学のペンブルックカレッジの学生寮に滞在し、朝から夕方4時前まで語学やイギリスの文化、歴史、習慣等の授業を受けます。時には屋外の文化施設や建物なども見学。そして自由時間にはケンブリッジ大学の学生が企画するアクティビティー(スポーツやクラブ活動、イベントなど)に参加できます。

帰国後

帰国後現地での生活を肌で体験した生徒たちは、「もっと英語を理解したい」という気持ちを強く持つようです。英語に対する関心はより高いものとなり、これまで以上に積極的な姿勢で英語を学ぼうとしています。また現地でお世話になった先生やケンブリッジ大学の学生や他の付属高等学校の仲間とメール等で連絡を取り合っています。この貴重な体験を通して、将来のことを考える生徒も多く見られます。

コメントは受け付けていません。