リレブロ 「百人一首大会」

1月14日(土)に百人一首大会が開催されました。本校の中学生はこの大会に向けて、百人一首を覚えて、朝の小テストの時間でテストを行うことで準備してきました。

 

まず初めに、学年別に分かれて全員参加のクラス対抗戦を3回行いました。ルールは「散らし取り(ばらまかれた100枚の札から、読まれた歌の札を早い者勝ちで取る競技)30枚読み上げ」で、1人当たりの取った札の合計平均値を競いました。

 

01 02

 

その後、クラスの代表者による個人戦を行いました。

 

03 04

 

クラス代表個人戦はまず予選を行い、その後上位者による決勝を行いました。決勝に勝ち残った生徒は決勝に向けての意気込みを述べました。かなり気合が入ってました!

 

05 06 07

 

自分の学年やクラスの代表生徒への応援もとても白熱しました。

 

08 09 10 11

 

最後に個人戦、クラス別対抗戦の表彰を行いました。

クラス対抗戦の結果は以下のようでした。

 

1位 3年1組

2位 2年1組

3位 3年3組

 

12 13

 

寒い中での開催でしたが、寒さを忘れるくらい白熱した対戦ばかりでした。百人一首は頭(記憶力)と体(反射神経)の両方を使う激しいスポーツで、古典の勉強であるだけでなく、とても盛り上がるスポーツだと改めて感じました。

カテゴリー: J.H., リレーブログ, 学校行事, 新着情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。