リレブロ 「入学式」

4月7日(金)に日本大学生物資源科学部体育館において、平成29年度日本大学藤沢中学校・高等学校の入学式が挙行されました。

少し風が冷たかったものの、見事に咲き誇った桜が新入生572名(高校450名、中学122名)が迎えました。

 

会場では、多くの保護者とそのご家族の方々、在校生、教職員に迎えられ、吹奏楽部の演奏の下新入生が入場しました。緊張の中にも期待が見え隠れする初々しい顔がたくさんありました。

校長先生の式辞と生物資源科学部長のご挨拶をいただき、新入生は日本大学付属学校の一員としての自覚を強く抱いたようです。

新入生代表が、中高ともに緊張しながらも、希望に満ち溢れた挨拶をしてくれました。高校新入生たちが卒業し、中学新入生が高校生になる2020年、東京オリンピックが開かれる年には、ど

のように成長しているのか。今からとても楽しみです。そして、在校生代表は、先輩として新入生に頼ってもらえるような心強い言葉で新入生を歓迎しました。

閉式後は、桜並木の間を先輩と担任の先生に誘導されて各クラスに向かいます。

 

 

 

 

 

そして、初めてのHRでは新入生たちも先生たちも、お互いに緊張・・・。先生たちは懸命に話をし、新入生たちは真剣に聞きながら、これから始まる一年間に期待をよせているようでした。

いよいよ日藤生としての新たなスタートが始まりました!!みなさんにとってどのような一年間になるのでしょうか?早く学校に慣れて、持てる力を存分に発揮してくださいね。今後の活躍に期待してますよ!

今年度も生徒たちの様子をご紹介していきたいと思いますので、今後とも先生リレーブログをよろしくお願い致します。

カテゴリー: M.M, 学校行事, 新着情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。